ナカムラ セラーズ / Nakamura Cellars

並び替え:
価格の低い順
価格の高い順
おすすめ順
新着順

ワインは従来のワイン生産国で食す料理に留まらず世界の様々な食文化、特に日本食に合うワインを目標に 日本人醸造家 中村倫久 ノリヒサ 氏 が設立 しました。2010 年が初ヴィンテージ でシャルドネとピノ・ノワールをリリースし、 2015 年にソーヴィニヨン・ブラン 、 2016 年にピノ・ノワール ・ ボヘミアン・ヴィンヤード (後にマイケル・バレンタインに畑改名 をポートフォリオに加えました。ワイン生産地域は世界に限りなく存在しますがカリフォルニアほど気候に恵まれ、様々な土壌から多種のスタイルを生み出すことの出来る地域は他に類を見ません。その為、日本食に合うワインを造るにはそれに適したブドウと地区を選択することが初期段階での最も重要な課題でした。中村氏がカリフォルニアのワイン業界で 培った 経験と人脈を生かし、優良栽培農家 が所有する複数の畑の 中 から畑の位置、区画、クローンをこだわって選び 抜きました 。

中村氏は大学卒業後に6 年間ホテルに勤務した後、 UC デイヴィスでブドウ栽培とワイン醸造を学び2004 年に卒業。ナパ・ワイン・カンパニーを振り出しに、アーテッサ・ワイナリーのアシスタント・ワインメーカー、ジェイムソン・ランチのワインメーカーを歴任し、現在 も 、 現地のワイナリーで ワインメーカー として働きつつ NORIA を造っています。そのNORIA はスペイン語で水車 。 水車から連想される水、自然、生活の基本的な エネルギーといったシンプル且つポジティブなイメージは、ワインが持つ要素と多分に重なり 合います。 ワインは私たちにとって常に生活の一部であり、その時々の瞬間を輝 かせてくれる、いわば花火のような存在であると感じています。 NORIA のロゴである無数の白い点は水 しぶきと花火を同時に表現しています。

  • 写真 1
  • 写真 2
  • 写真 3

(全4件)4件表示

  • 1